【2022年最新】大谷翔平の愛車は?メーカー、値段を詳しく解説

【2022年最新】大谷翔平の愛車 自分で運転してる?メーカー、値段を詳しく解説

出典 スポーツニッポン

はじめに

MLBのロサンゼルス・エンゼルスに所属し、世界最高峰の舞台でも二刀流として活躍を続けている大谷選手。

2021年には、日本人史上2人目となるシーズンMVPとシルバースラッガー賞を受賞しました。今や、日本だけでなく世界中の人々から注目されています。

今回はそんな世界的プレイヤー・大谷選手の愛車について紹介していきたいと思います。車のメーカーから値段、特徴まで詳しくまとめています。後半には大谷選手の歴代の愛車にも触れているので、ぜひ最後までご覧ください。

大谷翔平の現在の愛車

年俸6億の大谷選手は、2022年現在テスラ「モデルX」に乗っています。価格は約1300万円です。

テスラはアメリカに本社を置く電動運送機器及びクリーンエネルギー関連企業で、電気自動車も販売しています。今では、時価総額でトヨタを抜き、世界一の自動車メーカーとなりました。同社のCEOは有名なイーロン・マスク氏です。世界一の大富豪なので、知っているという方も多いかと思います。

テスラの取締役である水野弘道氏は、自身のTwitterで大谷選手が初めての愛車としてモデルXを選んだことを報告し、「Good choice, Shohei(いい選択だね、翔平)」と賛辞を送っています。このツイートに、イーロン・マスク氏も水野氏のツイートにハートの絵文字でコメントする形で反応しました。

世界一の大富豪イーロン・マスク氏に反応してもらえるなんて、凄すぎます。

テスラ「モデルX」の特徴

出典 ロカボススタイル

このテスタ「モデルX」という車は、電気自動車で、1回の充電で最長565kmを走ることができます。そしてこの車の最大の特徴が自動運転技術です。同じ車線内でハンドル操作、加速、ブレーキを自動的に行ってくれます。縦列駐車までも自動で行ってくれるので、運転手は運転する必要がありません。まさに最新の車なのです。

実は大谷選手は免許取得が遅く、25歳で免許を取りました。2019年にアメリカで教習所に行き始めたそうです。免許を取る前は、通訳の水原一平さんに送り迎えしてもらっていました。今では水原通訳を助手席に乗せ、自らハンドルを握っているそうです。

運転免許を取ってすぐなので、自動運転機能があるテスラを選んだのでしょう。見た目ではなく、性能で選ぶあたり、実に大谷選手らしいですよね。

ちなみに、大谷選手はアメリカの運転について「そんなに怖くはないですね。こっちは(道路が)広いですし」と話していました。

【予約商品】 SHOHEI OHTANI 大谷翔平 – MLB Framed Jersey Bobblehead/フィギュア・人形 【公式/オフィシャル】
JAMSHOPPING

大谷翔平のこれまでの愛車

出典 FLASH

大谷選手は、ヒュンダイ「YFソナタ」という車に乗っていたことがあります。これは大谷選手が購入したわけではなく、エンゼルスに入団した時に球団から支給されたレンタカーになります。

この時は大谷選手は免許がなかったので、水原通訳がこの車を運転して、大谷選手は助手席でした。

エンゼルスの球団職員は、大谷選手に支給した車について「車は選手のリクエストで決まる。大谷の場合は、200万円ほどの『ヒュンダイ』のセダン。球団ももっといい車を、と言ったほどだ」と語っています。大谷選手の人柄がわかるエピソードですよね。

日ハム時代はもちろん免許を持っていなかったので、車を所有していませんでした。2016年に日本プロスポーツ大賞を初受賞し、副賞として三菱自動車の「アウトランダーPHEV」が贈られた時がありましたが、自分では乗れないため両親にプレゼントしたそうです。

なので、大谷選手が自分で買った車は今の所テスラ「モデルX」だけということになります。

ほんとに車には興味がなさそうです。

2022年大谷翔平ユニフォーム大谷パーカー、エンジェルメンズファッション野球ファンカジュアルTシャツスポーツパーカープルオーバー長袖トップスポーツウェア,A1,M
ZJHZ
まとめ

いかがだったでしょうか。今回は大谷翔平選手の愛車について紹介しました。車に興味を持たず、性能で選ぶあたり、大谷選手らしいですよね。ますます応援したくなりました。

今後も大谷選手などの野球選手の情報を随時更新していくので、ぜひ参考にしてください。

【関連記事】

高校野球を題材にした映画オススメ4選 日本映画から台湾映画まで

【2022年最新版】ニンテンドースイッチ野球ソフト 人気おすすめ4選

大谷翔平の私服はダサい?ブランド、値段を画像付きで解説

坂本勇人が愛用のマットレスの効果 大谷翔平も使う凄いものだった!

コメント

タイトルとURLをコピーしました